amazonギフト券を手に入れる方法

amazonギフト券を手に入れる1番早い方法は、ギフト券を購入することです。Amazonギフト券は公式サイトや提携しているコンビニや量販店で購入することができます。ギフト券の種類によって購入できる場所や金額、数量などが限られています。例えばeメールタイプであれば公式サイトのみで購入することができ、数量は1のみ、金額は自由に設定できるプランもあります。公式サイトからであれば、amazonで買い物をするのと同じように購入することができ、コンビニや量販店であれば商品を購入するのと同様の方法でカードタイプのギフト券を購入することができます。

他の方法としてはポイントサイトなどでポイントを貯めてそれをamazonギフト券に交換することもできます。ポイントサイトとは、広告主によって運営されており、登録すれば何らかのアクションにより無料でポイントを得る事ができ、貯めたポイントを現金や商品券、各種ポイントに変換できるサイトのことです。ポイントサイトによってその換金率や条件は異なってきますが、一定の条件を満たせば貯めたポイントをamazonギフト券に交換することができるのです。

ただし同じポイントでも世界最大のショッピングモールであるAmazonにてお買い物を楽しんだ際などに得ることができるポイントは一切現金化することができません。そのため、amazonポイントはamazonギフト券に交換することもできません。

詐欺を疑うべきamazonギフト券の買取サイトの特徴

残念ながらamazonギフト券の現金化には詐欺を行うような悪徳業者も存在しています。悪徳業者にひっかからないためには事前にきちんと確認をしておく必要があります。

疑うべき点は高すぎる買取率です。買取サイトを運営している会社もボランティアではなく商売としてサイト運営を行っています。必ず運営会社にも利益が出るようになっており、そうでなければ会社が成り立ちません。サイトには広告収入等がある可能性ももちろんありますが、冷静に考えてみて高すぎる買取率で買い取って転売することは利益が少なくなることはわかります。収益を得るために申込み後に販売手数料や保証金などを持ち出す可能性もあるので注意が必要です。

またamazonギフト券の買取には警察署より古物商許可を得る必要があります。目立つように記載をしていない場合がほとんどですがサイト上には必ず記載があるはずなので探してみるようにしましょう。なければ悪徳業者である可能性が高くなってきます。また、ホームページの作り方が雑であったり、運営会社や問い合わせ先の住所や電話番号にも注意してみてください。記載がないのも悪徳業者の可能性が高いですし、住所と電話番号の市外局番がイコールになっていなかったりすることもあります。

またインターネット等で閲覧することができる口コミサイトも確認してみましょう。口コミはあくまでも個人の主観です。もちろんそれは理解すべきですが、明らかに悪い口コミばかりある業者には注意が必要かもしれません。

amazonギフト券のおつり

amazonギフト券が商品券などと違う点のひとつは「おつり」が出ることです。多くの商品券や金券を支払に利用する際はおつりが現金で出ません。しかしギフト券をAmazonで利用する際はきちんと「おつり」が出て、自身のAmazonアカウントに残金が残る仕組みです。決して現金で手元に残るわけではありませんが次回以降の買い物にその「おつり」を利用することができます。amazonギフト券を利用するためには自分のアカウントにギフト券番号を登録しておいて買い物時に利用するか、購入時にギフト券番号を登録するかで利用することができます。このように利用することでギフト券番号と自分のアカウントが自動的に紐付けられるのです。

おつりに関する注意事項としては、おつりにも購入時に設定された有効期限が設定されていることです。2016年3月現在、amazonギフト券の有効期限は発行してから1年~3年で設定されています。(amazonギフト券の種類によって異なります。)おつりにも購入時と同様に有効期限が設定されており、有効期限を過ぎればおつりもなくなってしまうので注意が必要です。現在amazonギフト券の残高がどれだけあるのかを確認するためには自分のアカウント画面の「ギフト券の残高を確認」するようにしましょう。

amazonギフト券はおつりが出るなどとても使い勝手が良いですが有効期限もあります。使わないギフト券等があればせっかくの券面価格を無駄にしないようにギフト券の現金化もできるのでそういった仕組みも有効活用するといいでしょう。

amazonギフト券の使い方

amazonギフト券は非常に簡単に使うことができます。世界最大のショッピングモールAmazonで使う場合には必ずAmazonアカウントが必要になります。Amazonの会員ランクは一切関係なく通常会員でも利用することができます。Amazonギフト券を使用するには必ずギフト券番号が必要です。ギフト券番号は、ギフト券の種類によって記載されている箇所が異なります。ハイフンにて接続された16桁、もしくは17桁の英数字によってギフト券番号が設定されており、例えばカードタイプであればカードの裏面に記載されています。使用時には必ず事前にギフト券番号とその付近に記載してある有効期限を確認しましょう。

実際に使用する際にはamazonアカウントに登録が必要です。個人アカウントにサインインしたら、所定の箇所にギフト券番号を入力することでギフト券情報を登録することができます。登録をすると自動的に利用することができます。また、事前に登録しなくても注文時にギフト券番号を入力することでamazonギフト券を利用して買い物をすることができます。具体的には支払方法を選択する際にクレジットカードなどと並列でギフト券番号を入力する項目があるので記載することになります。

amazonギフト券の有効期限は、券面上で確認することもできる他、amazonアカウントにサインインして「残高・利用履歴を確認する」という項目より残高や有効期限を確認することができます。簡単に使うことができますが管理が必要なので、気を付けましょう。

amazonギフト券を使うメリット

amazonギフト券には数多くのメリットが存在しています。一つ目はギフト券の種類が豊富にあることです。ギフト用、自分用など使用用途にあわせて使い分けることができるため非常に多岐に渡る使い方をすることができます。また、Amazon等の使用できるインターネットサイトも非常に大きく幅広い商品を取り扱っているのでギフト券の使用先も多くあります。

二つ目は手数料が無料であることです。amazonギフト券を購入した際の配送料は無料であるほか、購入時や使用時にも手数料は一切発生しません。券面通りの金額を支払えばその金額の価値と同等のものとして扱うことができるので非常に便利です。

三つ目は予算管理をスムーズに行うことができます。amazonギフト券を利用することでクレジットカードを利用せずに買い物ができたり、予算管理を行うことができます。インターネットショッピングは通常の買い物に比べお財布から直接的にお金が減っていきにくいため使用しすぎてしまうこともあります。amazonギフト券を利用することでそういったことを防ぐことができるでしょう。

最後に、買取換金を行うことができます。買取換金を行うためにはそれなりに条件がありますが、条件さえ満たせば各ショップごとに定められたレートにて換金を行うことができます。最もわかりやすい例が街中にある金券ショップです。ああいった場所にてギフト券をお金に換えてくれるのです。ただし、買取作業の際には手数料がひかれるので注意は必要です。

amazonギフト券の有効期限の違い

amazonギフト券はどのタイプかによって有効期限が異なります。Amazon等のサイトをよく利用している人であれば個人アカウントにギフト券番号を登録しておけば買い物時に自動的に利用できるよう設定することもできますが、利用頻度が低い場合や利用金額が少ない場合にはamazonギフト券を無駄にしないためにも有効期限の管理が必要となってきます。amazonギフト券の有効期限はギフト券の種類によって記載箇所が異なっていますが必ずギフト券番号のそばに記載されています。アカウントに登録をしておけば、アカウントの個人ページから照会することもできます。

実際の有効期限は2016年3月現在で3種類設定されています。最も一般的なものはamazonギフト券発効日から1年間有効であるタイプです。これはEメールでギフト券を贈ることができるEメールタイプ、PDFで発行され印刷することができる印刷タイプ、様々なラッピングサービスのもと配送にて送られてくる配送タイプ、コンビニなどの店頭で購入することができるカードタイプです。逆に最も最長なのはコンビニなどの設置してある自動発券サービスを利用してギフト券を発行するシートタイプのものです。これはギフト券発行より3年間有効です。また、法人向けのamazonギフト券は有効期限は全て2年で設定されています。

このように商品によって有効期限が違うので、商品を選ぶ際には使用用途によって使い分ける必要があります。

Eメールタイプのamazonギフト券の特徴

Eメールタイプのamazonギフト券の購入申し込みを行うとメールでギフト券番号がすぐに送られてきてギフト券を利用することができるとても手軽なものです。ギフト券の券面金額も15円から50万円まで自由に設定できます。それだけでなく、メールのテンプレートも非常に豊富に用意されておりギフト用にメールをデコレーションしたり画像を添付したりできるなどアレンジバリエーションも豊富で、その手軽さからとても重宝されています。

Eメールタイプのamazonギフト券には「再送可」のものと「再送不可」のものがあります。再送とはメールを再送する作業で、ギフト券番号を再発行するということを意味しています。誤ってメールを消してしまったりメールアドレスが誤っていた際などに利用することができる仕組みです。再送できるギフト券は、未使用でアカウントに未登録、有効期限内であるEメールタイプのギフト券のみです。また、一度再送処理を行うと再送前に発行されたギフト券番号は無効になり新しいギフト券番号が発行されます。

再送不可のものは、プレゼントされたギフト券です。購入申し込み者のEメールアドレス以外に送付するギフト券は再送できません。というのも、Eメールギフト券の再送手続は自身のアカウントの注文履歴から行うため自分のアカウントでないと再送できないのです。ただし、プレゼントしたEメールタイプのamazonギフト券に関して注文履歴から送信結果や相手の受け取り状況を確認することはできます。

amazonギフト券を現金化する方法

amazonギフト券を手に入れた際に、「お金」の代わりとして利用することができますがネット通販でしか利用できないので余ってしまったり、利用用途がなく困ってしまうことがあるかもしれません。そういった場合はamazonギフト券を現金化することができます。

Amazonギフト券を換金できるところは大きく分けて3か所あります。1番身近なのは、金券ショップです。交通チケットやコンサートチケットなどを買取販売している街中にあるショップです。その他の各種チケットと同様に買取換金、販売を行ってくれます。次にオークションサイトです。オークションでギフト券を出品することができます。他にはギフト券買取サイトを利用することもできます。これはamazonギフト券買取用のサイトで、多くの場合手持ちのギフト券番号を買い取ってくれます。(ショップや金額、ギフト券の種類によっては原本の提出が必要な場合があります。)換金率は一般的にはこの方法が最も高く設定されています。

ただし現金化する際には、各ショップごとに換金率を設定しています。店舗によっても異なりますが金券ショップであれば8割程度の換金率が設定されている場合が多く、例えば10,000円分のamazonギフト券を換金した場合は8,000円手元に戻ってきて2,000円手数料として取られることになります。また、換金の際には個人情報の開示が必要であったり、買取ショップによっては条件を設定している場合があります。例えば、換金の際の最低金額を設けている場合があり少額では換金できない場合もあるので注意が必要です。

この他にも換金方法は様々あります。そして換金方法によって注意すべき点はたくさんあるためAmazonギフトを現金化するならこのサイトを参照しておくとよいでしょう。

 

amazonギフト券の種類

amazonギフト券の種類は2016年3月現在大きく分けて6種類一般向けに販売されています。公式サイトから購入できるものはEメールタイプ、印刷タイプ、チャージタイプ、配送タイプの4種類、コンビニやスーパーなどの提携店で購入できるものはカードタイプ、シートタイプの2種類です。それぞれ使い勝手や販売されている金額、有効期限、発行から使用するまでにかかる期間などが異なっているため目的に合わせた商品を購入することができます。

Eメールタイプと印刷タイプはデジタルなamazonギフト券でメールの文面や添付ファイル(PDF)にて発送されます。配送タイプはその名の通り指定された宛先に郵送で送ることができます。チャージタイプは登録されたアカウントに直接金額をチャージすることができるタイプです。店頭で購入できるものはプラスチックカードでできたギフト券のカードタイプとコンビニなどの発券機で発券することができるシートタイプが販売されています。

公式サイト等から購入し発送してもらう際にはEメールや印刷タイプなどのデジタルタイプは全て送料無料、宅配業者にて配送してもらう場合にも通常配送は無料です。(お急ぎ便の場合には会員登録の状況によっては別途配送料がかかる場合があります。)また、配送タイプのギフト券は各種ラッピングサービスが無料でついています。数多くのテンプレートが存在するだけでなくボックスタイプのラッピングを利用することができるので非常に便利です。

amazonギフト券買取率が高い罠

amazonギフト券は現金化したい場合には、可能な限り高い金額で買い取ってほしいと誰もが思うかもしれません。インターネットで検索を行うと95%を超える買取率を提示しているところもあり、そういった業者を選びがちです。しかし、高い換金率には罠もひそんでいるので注意をするようにしましょう。

一般的なamazonギフト券買取率は75%~85%が平均値だとされています。これはあくまでも平均値なので参考程度の数値であり、買取率に関わらず悪徳な業者も存在するし、高い換金率でも良質な買取業者は多数存在しています。しかしながら必要以上に換金率が高い場合には、買取率の高さだけを見て手続きを進めるのではなく買取ショップ自体を一度疑ってみるのもいいかもしれません。詐欺サイトの多くは高い買取率を提示している傾向があります。

高い換金率を提示していたとしても実際に手元に戻ってくるお金はもっと安い場合もあります。それも悪徳業者なのではないか、詐欺なのではないかと思われるかもしれませんが、買取サイトとして独自に定められた登録手数料や販売手数料、雑費などが差し引かれることがあるからです。そのため実質的に手元に残る金額は少額になり手数料も含めた金額で判断すると「買取率」は下がってしまうこともあります。買取率だけでなくその他手数料が発生する可能性も理解し、amazonギフト券を買取依頼する際には手数料等の有無や価格も確認しましょう。